吉展ちゃん事件 に関するクチコミ情報

携帯版はこちら
クチコミ,トレンド,キーワード QTAN.JP
クチコミキーワード一覧 HOME > 吉展ちゃん事件

吉展ちゃん事件とは?

吉展ちゃん事件とは?

みんなのブログのクチコミを見てみよう!

吉展ちゃん事件に関する動画

吉展ちゃん事件2/3 吉展ちゃん事件 1/3 吉展ちゃん事件3

吉展ちゃん事件に関するブログ記事

... 「吉展ちゃん事件」の犯人・小原保を自供に追い込んだのも情。 退職してからようやく訪れることができた、保が眠る土盛りにひざまずき 「直ぐ来てやれなくて、悪かったな」と号泣するシーンにはグッときました。 周囲を固めた人たちも豪華でしたね。 ...
このブログを読む


... 吉展ちゃん事件で、最後落ちるとき、あの演技はもう・・・・・!!  ウチの父親があの演技で泣いていた・・・・・・(笑)  実力派ばかりそろえたドラマだったので、相当、濃い内容でしたね。  あの方言も計算された演出でよかった。 ...
このブログを読む


... 手掛けた事件は、殺人だけで 124件にものぼり、“帝銀事件”“下山事件” “吉展ちゃん事件”“三億円事件”など、戦後・事件史を、飾る大事件の ほとんどを担当した、まさに、“伝説の刑事”といえる存在だ。 ...
このブログを読む


伝説の名刑事を感心しながら調べていると帝銀事件と吉展ちゃん事件を読むはめに。胸が潰れる思いです。気持ちがペタンコになったまま眠れません。凶悪事件の2次災害ですね。 それで綺麗な写真を観たくて探しました。 モスグリーンと白は大好きな配色です。 ...
このブログを読む


... テレビ欄をチャックしたらハリウッドスタ〜な兼さん主演♪ な上、「吉展ちゃん事件」って文字に興味が。 なんとなく聴いた事のある事件 ... が、前半の『吉展ちゃん事件』が解決してホッとしたのか 後半の『3億円事件』の辺りは眠っ ...
このブログを読む


... 手掛けた事件は殺人だけで124件にものぼり、“帝銀事件”“下山事件”“吉展ちゃん事件”“三億円事件”など、戦後事件史を飾る大事件のほとんどを担当した、まさに“伝説の刑事”といえる存在だ。  渡辺自身も ...
このブログを読む


... 例の吉展ちゃん事件がおこったのが昭和38年。 僕が小学校の4・5年生の頃。 当時は遊びたい盛りのいちばん強いとき。 授業が終わり、2時半ころから4時くらいまで校庭で{宝踏み}、{Sケン}、{ドッジボール}・{ワンバン野球}。 ...
このブログを読む


... しいて言えば、<吉展ちゃん事件>で終わらせても良かったかなと思った。 渡辺謙一は勿論だが、高橋克実がとても良かった。最近はバラエティー番組でよく見かけるようになったが、やはりドラマで観る高橋がいい。 ...
このブログを読む


吉展ちゃん事件 1/3
このブログを読む


吉展ちゃん事件3
このブログを読む


吉展ちゃん事件2/3
このブログを読む


日本中を震撼とさせた難事件。 http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage49.htm 不世出の名刑事がしぶとい犯人を落としました。CMで流れに集中出来ないので民放ドラマは見ません。偶然夫がTV操作が分からなくて騒ぐので映してあげました。 ...
このブログを読む


刑事 平塚八兵にスポットを当てて土日にドラマがあった。 帝銀事件、吉展ちゃん事件、三億円事件などなど。 別の番組では、「鬼の八兵」「落としの八兵」と言われていた。 鋭い視点で物事を捉え、熱血で ...
このブログを読む


「平塚八兵衛」が関わった代表的な事件の1つ「吉展ちゃん事件」の 再現ドキュメント「スーパーモーニング」のYouTubu。 「刑事一代 平塚八兵衛の昭和史」の番宣の1つ。 ... 「平塚八兵衛」の肉声が聞けます。 吉展ちゃん事件3
このブログを読む


... 平塚八兵衛の事件簿は 殆んどが記憶に残っている事件で 尚更興味深い。 主演の渡辺謙さんの八兵衛さんが、 ものすごく迫力を感じる。 ニュースに関心を持ち始めた年齢もあるが、 「吉展ちゃん事件」の「小原保」は記憶にあるし 「三億円強奪事件 ...
このブログを読む


吉展ちゃん事件・三億円事件捜査に参加した事は、言ってもよいです。 が、 聞き込み先・聞き込み内容、さらには、 あの事件は、こうだったなどと裏話言うものではないわ。 刑事畑が永かったおじは、詳細を聞かれても、 一切口に出さなかったわ。 ...
このブログを読む


去年もUPしたと思います。戦後最大の誘拐事件と言われる 吉展ちゃん事件が発生したのは昭和38年3月31日でした。 こんな桜の咲き始まったときに突如として居なくなった のかと思うとほんとうに悔しい限りです。 ...
このブログを読む