邪魅の雫 に関するクチコミ情報

携帯版はこちら
クチコミ,トレンド,キーワード QTAN.JP
HOME > 邪魅の雫 クチコミキーワード一覧

邪魅の雫とは?

邪魅の雫とは?

 京極夏彦の妖怪シリーズ(京極堂シリーズ)第8作。2006年9月26日発売。  2005年8月、シリーズ版元の講談社が「9月22日発売」との予告を発表したが、直後に著者本人がサイトでこの情報を否定したという経緯があっ... ...続きを読む

邪魅の雫に関する動画

邪魅の雫PV 【完全版】 邪魅の雫PV ダイジェスト版

邪魅の雫に関するブログ記事

今日は一日家にいて、京極堂を読んでいました。邪魅の雫、読み終わりましたーー。 いや、榎さんカッコイイ!!!惚れ直した!!! 今回の話は京極堂意外、みんながいつもと違う動きをしていて、なんだか面白...
このブログを読む


うふふふふふふ とうとう届いたのだ?! ジャムの雫・・・ならぬ邪魅の雫!の大磯・平塚限定特装版!!!
このブログを読む


邪魅の雫一応読了。 とりあえず今回は登場人物が多すぎて人間関係を理解するのがやっと。ええ、名前を覚えるのが苦手ですとも。苦手な作業に手間取ってなかなか読み進めない。ま・さ・に悪循環。 冷たい校舎の時...
このブログを読む


先週の土曜日に購入して、今日読み終わったから5日間ほどかかった。 私にしては遅い。京極夏彦の本は相変わらず分厚くて読み応えがある。 前作から3年。ずいぶん待ったとの声もあるけれど、新作まで10年かけ...
このブログを読む


書籍・雑誌ランキング 書籍総合 雑誌総合 コミック 文庫 新書 児童書 趣味実用 一般文芸 理工書 ビジネス書 ■2006 年 10 月 16 日 付 書籍 ベスト5 1.邪魅の雫 京極 夏彦 ...
このブログを読む


しばらく放ったらかしてたこともあり、やっとこ完読。 今回かなり解りやすくて読みやすかったですね。ミステリとしても純粋に楽しめたし。 いつもみたいに長々と妖怪話持ち出さなくても動機解明、事件解決...
このブログを読む


京極夏彦の新作「邪魅の雫」が、やっと発売されましたね。感想は今度じっくり書こうかと思います、そんな読書家の青ドンプレゼンツ放浪記。 前回ドロップした涙ですが。 何と! ...
このブログを読む


邪魅の雫 京極 夏彦 金縛りが連続してる。悪い夢を2話、金縛りを挟んで見た。疲れた、怠いし眠い。昨日と同じパターンだ。幻覚があったのだけ違う。学校ではウトウトしてた。生理痛で気持ち悪いし…、邪魅の雫...
このブログを読む


邪魅の雫 京極 夏彦 やっとこさ読み終わった。 今回は、従来の登場人物の中では、青木・益田が話をすすめていきます。 益田と行動をともにする関口はともかく、中禅寺・榎木津あたりは、従来のシリーズ...
このブログを読む


やっと買って読みました。 詳しい感想は続きにでも。
このブログを読む


…といっても野球の話ではなく。 先日「邪魅の雫」を買おうと思って本屋に行ったのですが…噂に聞いてた小冊子がついてなかったですよ?? 初版だったのに。レジでもらえたのかなあ? で、久々に見た京極堂本...
このブログを読む


この頃ホントに読む周期です。 結局買った邪魅の雫。 だって榎木津さんのコイバナとか見逃せないじゃないか!!(笑) 只今半分位まで。 まだ塗り仏と徒然袋・風読めてないんだけど‥雨は面白かったの...
このブログを読む


京極夏彦氏の新作『邪魅の雫』は待ちに待った『中禅寺明彦と愉快な仲間達』…多分違いますね…の活躍する…
このブログを読む


邪魅の雫」。 まだ全部読み終わってないのですが(読むの遅くなったな 帖帖法懐かしい面々がようやく出揃ってきてワクワクドキドキです。 今朝電車の中で思わず顔がにやけたのが「コケシ!」…でした。 あ...
このブログを読む


京極堂シリーズ最新刊読み終えました〜。 感想。 ・益田君はまともというか普通の人だった!(百鬼徒然袋ではちょっとおかしな人になってたので) ・関くんが比較的まとも!(榎さんと対等に渡り合っている――...
このブログを読む


大学の帰り道、K織とえろい話をしました。 とっても愉しくて元気がでました。 邪魅の雫発売から約3週間の現在、世間様も友人各位も計ったように郷嶋祭りです。 最初はそこまで重要視していなかった郷嶋...
このブログを読む


邪魅の雫読んだ感想(おい 木場さんの出番マジで少な…。 京極さんの小説のキャラで一番好きなのが「魍魎の匣」に出て来た柚木加菜子ちゃんで、次が関口くん、木場さんの二人なんですよ、私。加菜子ちゃんカム...
このブログを読む


「邪魅の雫」京極 夏彦はあ、久々に読むのに時間がかかった本だった。京極本最新刊でとても楽しみにしていたのだけれども、前作同様、僕にはどうも肩透かしな...
このブログを読む


こないだアマゾンに注文してたものが届きました。 わーいわーい (−ω−)〜♪ 買ったもの ・邪魅の雫 ・銀の鬼 (上) (中) (下) 他にあと2冊買ったんですが、そ...
このブログを読む


『邪魅の雫』って、とっくに出てたんですね〜 全然知りませんでした。 今日たまたま本屋に行ったら詰まれて…
このブログを読む


結局買ってしまった 京極の新刊「邪魅の雫」 もりもり読んでます! 電車の中でひたすら読んでます! 今回はいつもぐらい厚いのに中が2段だぞ☆ワーオ☆ やっと半分くらいまで読みました しかし 読むの早く...
このブログを読む


土曜日は京極夏彦新刊「大磯・平塚地区限定特装版/邪魅の雫(初版)」を購入すべく、とりあえず平塚へ。 販売店一覧を見ると平塚以外に大船でも販売していて、大船の方が横浜からは近いものの、平塚の方が圧倒...
このブログを読む


邪魅の雫 読了。 ていうか、最後に投げなかったあたしは京極部員として失格でしょうか? ま、あれです。感想はね… ラストで榎木津礼次郎にヤられますた…(はぁと) なのでウッカリして投げるの...
このブログを読む


邪魅の雫 「邪魅の雫」京極夏彦著・講談社新書刊 京極堂シリーズ最新刊。 最初に言います。私、この本に関してまともな感想は書けない。 駄目人間ですから! ネタバレだし無駄に長いしまとまってないし 挙...
このブログを読む


昨日、6時起床でしかも超仕事が忙しい日だとわかっていながら、一昨日、1時まで「邪魅の雫」完読してしま…
このブログを読む


今週中に「邪魅の雫」が来るのはわかってたんで、つなぎに読むのは薄めの新書に決...
このブログを読む


夜のピクニック(恩田 陸) 邪魅の雫(京極夏彦) 金糸雀が啼く夜(高里椎奈) 五條瑛さんの本が、なかったのが…ι 気になる本があったり、読書感想日記で、見かけた本があったけど、怖い系で断念。
このブログを読む


ストーリー全体 絡新婦の理のようにいきなり事件終了後の何者かの視点からはじまり、真犯人がいきなり女性だとわかる。 雫が引き起こす殺人の連鎖はよかったんですが真犯人が雫をなぜ捨てなかったのかはちょっと...
このブログを読む


昨日は具合の方もいぶ良くなったので 買ってあった京極さんの「邪魅の雫」を読み始める。 途中、食事をしたりうたた寝したりしながらも 読み続け、今朝の5時に読了。 や?800頁を一日で読むのはやっぱり疲...
このブログを読む


京極夏彦の新作『邪魅の雫』を買うと、非売品の小冊子「京極夏彦全作品解説書」がついてくる。 …はずなのですが、私が購入した書店にはなぜか置いておらず、入手できませんでした。 悲しんでいると、picoさ...
このブログを読む


関連性の見えない「連続」毒殺事件。被害者をつけ回していた男の存在。アパートで死んでいた女は一体誰だったのか。捜査へ介入する公安。 全貌の見えぬ事件を繋ぐのは一雫の毒。 「邪なことをすると――死ぬ...
このブログを読む


邪魅の雫に続いて読んだのは、ついこの間直木賞に輝いた三浦しをんの新作。 『風が強く吹いている』。 駅伝に夢をかける大学生の物語。 『竹青荘』(通称アオタケ)というオンボロアパートに住む寛政大学4年...
このブログを読む


!!ネタバレ含有。未読注意!! 邪魅の雫 京極 夏彦 さて。 今までの大仰な中禅寺の登場っぷりが嘘のように、さらっと登場してさらっと落としてさらっと解決。 全体的にあっさり風味でし...
このブログを読む


最近楽しいカンジのすごいキャラが濃い小説しか読んでなかったから、京極に戻れるのか不安です。だって!!分厚い。4.2?、総ページ数871?!!すごいねー…。りすかなんて1.4?だよ…。笑。 でも榎木...
このブログを読む


なかなか読み終わらない「邪魅の雫」 さて、怪奇ものを愉しむには古今東西の怪奇小説の知識があった方がだんぜんおもしろい。 最近新装版が出た「中国怪奇小説集」は、そもそも昭和10年に「支那怪奇小説集」と...
このブログを読む


『エウレカ』の5巻のついでに京極の『邪魅の雫』をとうとう買ってしまったのだけど、いまだ小人の村に入れないままの『FF3』はしばしお休みだろうか…。汗 3Dのキャラクターがみんな同じ顔に見えて、いまい...
このブログを読む


昭和二十八年夏。 江戸川・大磯と相次いで毒殺事件が発生する。 そして平塚。 被害者の女性は偽名で生活し、身元不明。 彼女に付き纏っていた不審な男、死体の第一発見者、香具師の破落戸、殺意に取り付かれた...
このブログを読む


お金ないんだけど、つい買っちゃったぁぁあ!! 京極夏彦の新刊、邪魅の雫でございますよ。 辞書じゃないですよ、この厚さ。ノベルズでこの厚さ。 しかも二段組。やっべぇ、長編大好きだぉ!! だってこのシリ...
このブログを読む


読みたい。でも読むと終わっちゃう。でも続きが気になって止まらない〜。 我慢してチビチビ読んでいたのに『邪魅の雫』を読み終わってしまいました……。寂しい。でも満足。 そしていつものことなのですが、...
このブログを読む


邪魅の雫、というタイトルを聞いて、ジャミラを一番に想像したウルトラマン世代……。 って、作者の京極夏…
このブログを読む


邪魅の雫ラストシーン解釈(榎さんの台詞解釈)「勝ち負けじゃないぞ」自分と張り合うように戦後を生きてきた彼女に対して、それは恋愛じゃない、という意味「善し悪しでもない」自分は卑怯だ歪んでいると言い続け...
このブログを読む


大変! 今朝とうとう「邪魅の雫」を読み終わってしまいました!! 2時間30分睡眠でお仕事です…(-_-;) 大変! 邪魅に、益田×関口に、ネウロに、現を抜かしているあいだに、9日のイベントへの宅配...
このブログを読む


邪魅の雫 京極 夏彦 (著) 本屋に山のように積んでいたのでもうかなりの人が読んでると思います。 久しぶりの京極堂です。 今回は関口が良く語っているように見えます。 益田が切れ悪く榎木津の見合い...
このブログを読む


京極夏彦先生の最新刊、「邪魅の雫」を読了いたしましたっ! …実はコレ、誕生日プレゼントだったりします…
このブログを読む


待望―――などという言葉ではいささか物足りないくらいであるが、とにかく最新巻である。ここ最近サイドストーリーで大活躍の榎さんの過去に関する物語である。とはいってもあまり榎さんは活躍しない。今回の語り...
このブログを読む


涙そうそう フラガール 頼んだ覚えない RAPPELZ 凱旋門賞 世にも奇妙な物語 オトシモノ 純情きらり 夜のピクニック 邪魅の雫 喰いタン 芋たこなんきん 名探偵コナン 30歳のリアル イルマー...
このブログを読む


面白かったです。 隠摩羅鬼は正直いまいち乗れなかったんですが、 かなり読ませる本でした♪ 今回は珍しく 関口は捕まらず、 京極堂は序盤に登場し、 木場はちょっとだけ出てきて、 榎木津はおとなしい、...
このブログを読む


京極夏彦の新刊「邪魅の雫」読了。 久々の読書おもろかったです。 邪魅自体は塗仏と蜘蛛に近い感じがしました。好みで言えば、京極作品の中では中堅どころ。 その所為かどうも漫画が面白く感じない・・・今...
このブログを読む


邪魅の雫 京極 夏彦 届きました。 昨日bk1で注文したのです。 注文しながら、 「…あの黄色いメール便梱包に入るのだろうか?」 と、でっぷり太ったメール便を想像して楽しんでいましたが… 宅配...
このブログを読む


{/face_hohoemi/}ナッツ(京極夏彦)の久々の新刊『 邪魅の雫 』 が発売中です。 待ちに待ってるあっきゅん(中尊寺秋彦=京極堂)シリーズの最新巻!! …ですが、 実は前作 『 陰摩羅...
このブログを読む