松岡農相 に関するクチコミ情報

携帯版はこちら
クチコミ,トレンド,キーワード QTAN.JP
HOME > 松岡農相 クチコミキーワード一覧

松岡農相とは?

松岡農相とは?

衆議院議員。当選6回。自由民主党所属。1945年2月25日生まれ。熊本県阿蘇町(現在の阿蘇市)出身。鳥取大学農学部林学科卒業。05年秋の衆院選時の候補者調査票には、座右の銘として「真実一路」とあげた。趣味は読書、空手2段。1969年に農林水産省に入省。1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧熊本1区から無所属で立候補して初当選。以降連続6回当選。事務所の光熱水費をめぐる不明朗な処理を追求された際の「ナントカ還元水」発言で墓穴を掘った。また、官製談合事件で刑事事件に発展した緑資源機構に絡む団体から政治献金を受け取っていたことも発覚した。2007年5月28日に赤坂議員宿舎で首吊り自殺をはかり死亡。 ...続きを読む

松岡農相に関する動画

ついにあの話題の商品が!

松岡農相に関するブログ記事

自殺した松岡農相の後を引き継いだ赤城農相、就任直後から取り沙汰されていた事務所費...
このブログを読む


佐田玄一郎前行革担当相や柳沢伯夫厚労相、松岡利勝前農水相、久間章生前防衛相、赤城...
このブログを読む


・・・と言ったかどうかは知らないが赤城は悪あがきを続けているようですね。 ? 赤城農水相が方針転換、給与2カ月分返納 ? 緑資源機構の談合事件を受け、松岡利勝前農林水産相が自らに科した閣僚給与...
このブログを読む


昨日の記事につきご意見を頂きました。30のブ
このブログを読む


塩崎官房長官は23日、自殺した松岡利勝・前農相の事務所費について、「芸者の花代に使った」などと発言し
このブログを読む


塩崎官房長官は23日午前の記者会見で、山本拓農水副大臣が自殺した松岡利勝前農水相の事務所費問題を「芸者の花代として使ったと聞いた」などと発言し、「冗談」として撤回したことについて、「悪すぎる冗談だ」...
このブログを読む


芸者の花代は領収書がもらえないんですよ。いくらなんだろう。 松岡氏事務所費は「芸者の花代」 山本副大臣 後に撤回 2007年07月22日03時10分 自殺した松岡利勝・前農水相の事...
このブログを読む


自殺した松岡利勝前農水相の事務所費問題について、山...
このブログを読む


松岡農相のあとがまの赤城大臣も同じく事務所費問題にさらされている。事務所費は政治...
このブログを読む


「なんとか還元水」で架空事務所費で国民の厳しい批判をあび、自殺した松岡利勝農林...
このブログを読む


熊本の水害のニュースを見るにつけ、こんな時こそ松岡利勝の出番だったのにと思う今日...
このブログを読む


赤城農相は説明責任を果していません。 これでは、前松岡農相のときと問題が変わりま...
このブログを読む


div class=imgbox> 【ソウル8日時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞は8日、松岡利勝前農水相が自殺したことを初めて取り上げ、「安倍政権の脆弱(ぜいじゃく)さと醜...
このブログを読む


安部首相がインタビューを受けている映像をテレビで見ていた時、表情がいつもと違っ...
このブログを読む


【内閣支持率は急落、32・9%…読売世論調査】 http://headlines...
このブログを読む


亡くなった松岡農相は米コメ輸出再開の功績について知られる。4月の両国合意を受けて、中国へのコメ輸出再開(今年6月)が決まった。最近、日経の記事を読んだのだが、ちょっと見過ごしてしまったので、ネットで...
このブログを読む


◇野党「真相の解明を」 事務所の政治資金問題や官製談合事件が告発された農水省所管の「緑資源機構」関連団体からの献金問題で野党から追及されていた松岡利勝農相が28日、自殺したニュースは、県内政界関...
このブログを読む


松岡農相ほど農政において有能な人はなかなかいないというのであれば、62歳になる...
このブログを読む


AP通信など外国通信社は28日、松岡利勝農相が自殺を図ったと相次いで速報した。日本の通信社やテレビ局の報道を引用し、東京・赤坂の議員宿舎で首をつったことや、事務所費を巡るスキャンダルを起こしていたこ...
このブログを読む


最近各メディアはこの報道ばかりしています。 してもらってもかまいません。 でもほとんどのメディアは、同じ角度からしか物事を見ていないような気がします。 事の始まりは、何とか還元水です。 松岡農相...
このブログを読む


5月28日、松岡利勝農水相が自殺を計り、同日死亡が確認された。 戦後初の現職大臣の自殺だ
このブログを読む


松岡前農相は、NPO法人をめぐり秘書が内閣府に審査状況を紹介していた疑惑、自らの...
このブログを読む


松岡利勝に「契約愛人」 疑惑を抱えたまま自殺した松岡利勝農水大臣に、 一晩10万円の契約愛人騒動が持ち上がっている。 発売中の「フライデー」に、お相手の女性が匿名で 登場している。 福岡県...
このブログを読む


最もダーティーな政治屋のひとり、熊本県選出の国会議員、現職の農林大臣、松岡利勝...
このブログを読む


松岡利勝農相の自殺、社保庁の年金記録漏れに端を発した年金時効撤廃特例法と社保庁改革関連法案の衆院強行採決などで中央政界が大揺れのなか、渦中の安倍晋三首相が二日、湖国入りし、長浜市の第三セクター会社「...
このブログを読む


いまさら石原氏が何をほざこうが驚かないし、彼に対する特別なコメントもない。ただ...
このブログを読む


マスコミは故松岡氏の死因を「自殺」ということで洗脳工作に躍起である。当日10時...
このブログを読む


BK首相の弁「慚愧に堪えません」http://www.sanseido-pub...
このブログを読む


農林水産大臣が,議院宿舎で首を吊って自殺した.松岡利勝(62),元農林水産官僚,...
このブログを読む


この間、松岡農相が自殺しましたが結局彼は政権を守るために死んだのであって国民に対...
このブログを読む


5月28日、朝日新聞のページに「現職閣僚の自殺、現憲法下では初」という記事が載...
このブログを読む


朝日新聞の5月24日の社説は「政治とカネ―踏みにじられた倫理綱領」である。そこ...
このブログを読む


年金問題に加え、松岡利勝前農相の自殺が重なったこの1週間。衣替えで切り替えたかりゆしウエア姿。 強行策をちらつかせ「首相は頭に血が上った状態」(民主党・菅直人代表代行)と批判が噴出。 採決を延期し...
このブログを読む


安倍晋三首相は、自殺した松岡利勝前農水相の後任に、初入閣となる赤城徳彦氏を起用し...
このブログを読む


新農水相に赤城氏 安倍首相は1日、自殺した松岡利勝・前農林水産相の後任に、赤城徳彦・自民党国際局長を起用する方針を決めた。同日午後に皇居で認証式が行われ、正式に就任する。元農水官僚で、...
このブログを読む


松岡利勝農相(62)が自殺しました。 国会で「なんとか還元水」や「緑資源機構」の...
このブログを読む


後任農水相に赤城氏=安倍首相、態勢立て直し急ぐ6月1日7時1分配信 時事通信 安倍晋三首相は1日、自殺した松岡利勝前農水相の後任に、自民党の赤城徳彦衆院議員を内定した。世界貿易機関(WTO)の...
このブログを読む


安倍晋三首相は30日に熊本県阿蘇市を訪れ故松岡利勝農相の密葬に参列する意向だ
このブログを読む


松岡農相のご冥福を祈ります。 マスコミの連中は、一番重い刑は、何かご存知なの...
このブログを読む


密室状態でなんだか犬のヒモ使用とか、発見された遺書とかを 秘書が確認しただけで本...
このブログを読む


カマヤン氏のメモ「松岡利勝農林水産大臣の謎の自殺関連」 犬を飼えるとは思えない衆議院議員宿舎に、なぜ犬の散歩用のヒモがあったのか?これも気になるところである。 ☆松岡利勝農林水産大臣の謎の...
このブログを読む


(05/28)松岡農水相自殺 で笑うのは・・・ (05/28)松岡利勝 農水相自殺 笑うのは…… 季節
このブログを読む


松岡農相のお母さんの映像を今朝ニュースでみた。 松岡農相の自殺については、絶対に...
このブログを読む


参列すればいいのに… 首相、松岡前農相の葬儀参列断念・党首討論は予定通り NIKKEI NETより引用 >安倍晋三首相は29日、熊本県阿蘇市で30日に営まれる松岡利勝前農相の葬儀に参列...
このブログを読む


松岡農相遺書「国民の皆様」宛て 政府公開は本物か? この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/warabidani/47292307.html マスコミは故松岡...
このブログを読む


おととい自殺した松岡農相の「自殺原因は?」とマスコミが騒ぎ立てているが 自殺原因...
このブログを読む


松岡農相については地元でも色々聞いていたし、何より印象が強いのは河野外相当時の...
このブログを読む


衝撃…農相に続き「政界の窓口」も自殺 ≪「緑資源機構」前身の元理事≫松岡利勝農相(享年62)の自殺から一夜明けた29日、今度は官製談合事件の舞台になっている「緑資源機構」の前身「森林開発公団」の山...
このブログを読む


松岡農相に引き続き、緑資源談合「陰のドン」が自殺。 ただでさえ痛ましい人の死。自...
このブログを読む


この遺書は悲しい。悲しいと共に腹が立つ。腹が立つと共に情けない。 彼の忠誠は、最後まで安倍晋三へ向けられ、最後の最後まで国民側に立つことはなかったようである。最後の一行が皮肉でないならば。
このブログを読む